見て触れて感じて、わがままに生きる。
会社の嫌な人間関係からサヨナラし、毎日目覚まし時計いらずのわがまま生活を手に入れる第一歩をメール講座にて配信中!まずは焦らず10万円からスタート。それをキッカケにわがままに生きるライフスタイルで「見たことない景色」をみよう。
コピーライティング

コピーライティング視点での人間の欲求~GDTの法則~

今回はコピーライティングの視点からみた
人間の欲求についてになります。

 

これはGDTの法則というものによって
コピーライティングのスキルとして
活用できますので是非参考にしてみてください。

 

それではGDTの法則について詳しく解説
していますのでまずは動画講義を受けてみてください。


コピーライティング視点での人間の欲求【GDTの法則】動画講義

GDTの法則とは

GDTの法則はマイケルフォーティンという
一流のコピーライターが提唱した法則です。

 

簡単に言いますと人間の欲求の強さを3段階に分け
そしてその3つをさらに3つに分けた9つの欲求を
表したものになります。

 

GDTの法則【G】GOAL(目標)

  • time:時間をかけたくない
  • effort:努力したくない
  • money:節約したい、稼ぎたい

GDTの法則【D】DESIRE(欲望)

  • greed:富、名誉
  • lust:愛、美、性
  • comfort:悩みや苦痛がない状態、快適性

GDTの法則【T】TEASER(本性、本能)

  • scarcity:希少性
  • curiousty:興味、好奇心
  • controversy:反社会性

 

さらに【G】→【D】→【T】の順に
欲求レベルは高くなります。

 

コピーライティング的に言うと、
煽り度合いが増すということです。


GDTの法則のコピー例

それでは実際このGDTの法則の一つ一つの
要素を実際のコピーライティングに使用すると
どのように表現できるのかを見ていきましょう。

 

G】GOAL(目標)を用いた例文

time:時間をかけたくない
→例)たった5分だけで・・

effort:努力したくない
→例)最初の一度だけ設定しておけば後はそのまま放置でOKです!

money:節約したい、稼ぎたい
→例)一度購入してしまえば後は何度でもお使いいただけます!

 

D】DESIRE(欲望)を用いた例文

greed:富、名誉
→例)これによってあなたは一流の
プロカメラマンをさらに凌ぐスキルを
身につけることができます。

lust:愛、美、性
→例)これを実践することにより、今まで
あなたに見向きもしなかった高貴な女性が
思わず振り向いてしまうような状況になります。

comfort:悩みや苦痛がない状態、快適性
→例)もう人間関係がめんどくさい会社には
行かなくてもよくなります。

 

T】TEASER(本性、本能)を用いた例文

scarcity:希少性
→例)日本全国で100個限定販売です。残りあと2個です。

curiousty:興味、好奇心
→例)糖質制限なんて必要なし!好きなモノを
食べてダイエットする方法とは?

controversy:反社会性
→例)信頼のない元囚人すらも年収1000万円プレイヤー
へと変貌させたプログラム

 

このようにGDTの法則を理解して、
ご自身のセールスレターなどにこれらの
要素を盛り込むことにより欲求に訴求することが
できるようになり成約率に直結してきます。

 

セールスレターを書き、そこからGDTの要素が入って
いるのかを確認し、ここはこの要素を入れることが
できるなといったやり方で活用していけば良いと思います。

 

このGDTの法則はコピーライティングから見た
人間の欲求の話になります。

 

この人間の欲求を心理学から見たマズローの
欲求5段階説という考え方もありますので
是非あわせてそちらもご覧ください。

 

心理学からみる人間の欲求~マズローの欲求5段階説

【当サイト訪問者様へ今なら初心者用アフィリエイト教科書を無料プレゼント中!】

入手される場合は下記をバナーをクリック!※ダウンロード者数4500名突破! コンテンツバナー