見て触れて感じて、わがままに生きる。
会社の嫌な人間関係からサヨナラし、毎日目覚まし時計いらずのわがまま生活を手に入れる第一歩をメール講座にて配信中!まずは焦らず10万円からスタート。それをキッカケにわがままに生きるライフスタイルで「見たことない景色」をみよう。
エラー

Fatal error: Allowed memory size of ○○ bytes exhausted・・と表示されたエラーの対処法(Xサーバー)

どうもshinyaです。

 

今回はエラー関係なのですが、サーバーをレンタルして
サイトを運営していると色々なことが起こりますよね。

 

朝起きたらいきなりサイトが表示されなくなってたとか。
(怖い怖い・・)

 

んで、今回寝起きで、たまたまですが、普段ほとんど
開くことがなく放置しているアドセンスで運営している
サイトが何らかのエラーで表示できなくなっていました(汗

 

ワードプレスの管理画面にすら入れません。

 

このサイトは最近は少し放置しすぎて収益は落ちていたものの
いまだに完全放置の外注なし収入で毎日5000円ほど稼いでくれているサイトです。

 

1日エラーが起きてアクセスが出来なくなるだけで
収入的に損害を受けるので急いで対処してみました。
※Xサーバーでの対処法です。

 

ちなみにサイトにアクセスしたときには下記のような
エラーメッセージが表示されていました。

Fatal error: Allowed memory size of ○○○○ bytes exhausted (tried to allocate ○○ bytes) in /home/○○/○○.com/public_html/wp-includes/option.php on line ○○

 

うん、痛い、痛すぎる。
こういうの見たら嫌になりますよね。

 

まあどういうことを言われているのかというと
つまりメモリ上限をオーバーしてしている為
このような状況になっているみたいです。

 

対処法としてはまずメモリ上限を上げることです。

 

そして上げた後は、できる限りメモリーを食って
良そうなプラグインなどを停止させたりして
対策をしないといけません。

 

ではその手順について解説していきます。


メモリー上限を上げる手順(Xサーバー)

 

Xサーバーにログインしてください。

erra-1

 

ログインできたら対象サーバーIDの
サーバーパネルにログインしてください。

 

era-2

次にサーバーパネルへ移動しましたら
少し画面を下にスクロールさせると
php.ini設定という項目がありますのでこちらに進んでいきます。

 

era-3

 

次の画面では、設定対象ドメインを選択するように
なりますので設定対象のドメインを選択してください。

 

era-4

 

画面を進めたら次はphp.ini設定変更のタブを
クリックします。

 

era-5

 

画面をさらに進み、少し下にスクロールしていくと
memory_limitという項目があります。

 

こちらの文字に右側に数値があると思います。
僕の場合は初期で200Mでした。

 

その200Mの数値をオーバーしている為
サイトが表示されなくなっていると
思われるのでこの数値を今回は300Mに
変更をしました。

 

era-6

数値の変更が完了しましたら、忘れずに
下にスクロールしていき設定するをクリックします。


ワードプレス管理画面で使用するメモリー上限を上げる

 

次に、ワードプレスの管理画面で使用するメモリーの
上限も上げておかないと管理画面にもアクセス出ません。

 

手順としては、まずFFFTPなどのソフトでサーバーに接続します。
※FFFTPの導入方法の動画講義はこちら

 

僕であれば、

 

  1. 対象のドメインを選択
  2. public_htmlを選択
  3. wp-config.phpをデスクトップにコピー
  4. コピーしたwp-config.phpをTeraPadで開き下記を追記

 

define(‘WP_MEMORY_LIMIT’, ‘300M’);
define(‘WP_MAX_MEMORY_LIMIT’, ‘300M’);

 

という手順で行いました。

 

※TeraPad導入の動画講義はこちら

 

300Mのところはそれぞれ状況によって異なりますので
300Mにしてもサイトが表示されない場合は500Mにする
などしなければいけません。

 

記述は僕は一番下にわかりやすく記載しています。


まとめ

  1. Xサーバーにログインしてメモリー上限を上げる
  2. wp-config.phpにてワードプレス管理画面のメモリー上限を上げる
  3. メモリーを食っていそうなプラグインなどから対策をしたり、キャッシュプライグインを導入するなど。

 

このように手順を踏んでいけば
Fatal error: Allowed memory size of ○○○○ bytes exhausted
というエラーを対処できたので同じようなエラーが
サイトに突然出た場合は参考にしてみてください。

 

ただこの作業を行ったとしてもメモリーの使用量が
減少するわけではないので、まずはワードプレスの
プラグインから見直して、必要不可欠なもの以外は
削除するなりして対策をしていきましょう。

 

キャッシュをクリーンにするプラグインとしては
W3 Total Cache
というものがありますのでこちらを導入して
キャッシュをクリアするのも一つの手段です。

【当サイト訪問者様へ今なら初心者用アフィリエイト教科書を無料プレゼント中!】

入手される場合は下記をバナーをクリック!※ダウンロード者数4500名突破! コンテンツバナー