「よし、わがままに生きてみるか。」
会社の嫌な人間関係からサヨナラし、毎日目覚まし時計いらずのわがまま生活を手に入れる第一歩をメール講座にて配信中!まずは焦らず月収10万円からスタート。それをキッカケにわがままに生きるライフスタイルで「見たことない景色」をみよう。

【当サイト訪問者様へ今なら初心者用アフィリエイト教科書を無料プレゼント中!】

入手される場合は下記をバナーをクリック!※ダウンロード者数5000名突破! コンテンツバナー

ライフスタイル

星野リゾートトマム【リゾナーレの感想】に親孝行で両親連れて行ったので口コミ体験レビューしてみた

どうもshinyaです。

僕はPC1台で自由に行っているインターネットビジネスがある程度軌道に乗るまでは稼いだお金は、さらに収入を伸ばすために、すぐに自己投資を含む投資に回すだけだったのですが、最近はそれ以外にも2018年から毎年親孝行にもお金を使うようにしています。

  • 2018年:星野リゾート・リゾナーレ熱海(4月)
  • 2019年:星野リゾート・リゾナーレトマム(6月)

こんな感じで親孝行で旅行プレゼントをしています。

今回は星野リゾートリゾナーレトマムについての感想・レビューになります。

しかも毎回平日に行っているので、価格も安めだし、人も少なめですから、いろんな意味で最高です(こんな一般的には非常識なことができるのも、PC1台で稼いで自由なライフスタイルを実現できたからで、本当にあの時ブログを開始してよかった^^;)。

もし僕のこのブログや無料メール講座でPC1台で自由になるために頑張っている人はぜひ早くそうなれるように一緒にやっていきましょう!ちなみに無料メール講座を受けてない人はこちらから受講できますのでよければどうぞ。コチラ→PC1台で自由でわがままに生きていくためのshinyaの無料メール講座

【結論】星野リゾート・リゾナーレトマムの感想(個人的評価)

まず星野リゾートトマムはどうだったかという結論を言いますと良かったです(あっさり笑)。

shinyaの個人的な評価

スタッフの対応(接客)
部屋(デザインスイートファイブ15階)
立地・設備
食事(ニニヌプリ)

まあその理由など詳細はこれから実体験を元に綴っていきます。

ちなみに星野リゾートトマムは宿泊施設は、

  • トマムザ・タワー
  • リゾナーレトマム

この2つがあり、僕が宿泊したのは、リゾナーレトマムの方です。

あいにくの雨天で車の中からの写真ですが実物はこんな感じです。

リゾナーレの方が値段が高い分、ザ・タワー宿泊者よりも高待遇(食事を食べたあとに、専用の車を手配してくれて運んでくれたりします)なので終始気分が良いので、僕自身はリゾナーレにして良かったと感じました。

あとはこういった食事後の個別に車でお迎え等は、父親が難病のパーキンソン病なので特に今回はよかったと感じています。

予算が合うのであれば、できる限りリゾナーレを選ぶことをオススメします。

そして星野リゾートトマムでの名物企画である、雲海ゴンドラに乗って雲海を見に行くというイベントですが、奇跡的に13%の確率で見れる、太平洋産の雲海(星野リゾートトマムの公式HPに掲載されているレベルの雲海)を見ることができました。

ここの部分が自分の評価をかなり上げているので、もしかしたら、僕が見た雲海は見れない可能性の方が大きいのでこの要素も含まれた上で良かったという評価になります。

リゾナーレトマムへ向けて出発の朝

今回の旅行に連れていったメンバーはこちら。

  • 妹(summy)
  • 甥っ子

僕は現在のところ普段は東京を事務所として部屋を借りてビジネスしているので、東京の住まいから羽田空港へ行きました。

僕以外は、全員前日に地元の岡山から東京へ移動して来てもらって、羽田空港近くのホテルへ宿泊してました。

そして出発当日の朝に羽田空港で合流!

いよいよなのでワクワクしてきている頃です!

そして朝ごはんを羽田で食べましたが、朝からご飯が超うまかったです。

朝ごはんは羽田空港のどこで何食べた?

お店の名前は、ひとしなや「hitoshinaya」の「あさごはん」っていう暖簾がかかったところで食べました。

その後、甥っ子とトイレの出口の鏡で写真をパシャり。

鏡に映ってるおっちゃん誰?

んー人間の成長の速度も半端ないくらい早いなと感じながら、いよいよ飛行機に乗り込み、新千歳空港を目指します。

北海道:新千歳空港〜星野リゾート「リゾナーレトマム」

飛行機に乗ること約1時間半。

新千歳に到着。

僕自身はこの年齢(1982年生まれでこの時は37歳)で初めての北海道上陸になります^^;

何かとサラリーマンやってた時は行く機会もありませんでしたし、奇跡的に連休になったとしても普段寝不足すぎて寝溜めとかいう理論で家で寝まくるだけの休日でしたから、今の状況がいかに幸せすぎるかを本当に北海道に瞬間に思いました。

新千歳空港から星野リゾートリゾナーレまでの交通手段は?

新千歳空港に着いたら次はレンタカーを予約しておいたのでその手続きに進んでいきます。

レンタカーはオリックスレンタカーを使わせていただきました。

利用させてもらったオリックスレンタカー新千歳空港店さんの詳細はこちら。

オリックスレンタカー新千歳空港店

住所:北海道 千歳市美々758-171

電話番号:0123-22-0543

アクセス:新千歳空港より2km。高速道路千歳ICより7km。新千歳空港受付カウンターへご来店後、新千歳空港店へ無料送迎(約10分)

  • 北海道新千歳空港駅より 2.2km
  • 北海道 南千歳駅 より 2.4km
  • 北海道 美々駅 より 2.6km

引用:オリックスレンタカー公式HP

そしてちょっとこれに注目してほしい。

北海道千歳空港駅より2.2km。

!?

めちゃくちゃ距離離れてるやん!

って思いますが、実はしっかり空港内にレンタカーのブースがあり、そこから専用のバスが出ているので案内してもらえて、そのバスで2.2km先のオリックスレンタカー新千歳空港店まで連れて行ってくれます!

ちょっと余談ですがレンタカーはHONDAのフィットのハイブリッドを借りました。

実はこのオリックスレンタカー新千歳空港店から1時間30分ほどこのレンタカーを運転して星野リゾートリゾナーレトマムに向かうので、何となくハイブリッド車を選択。

フライトの後、長い時間運転しないといけなんだなーと思われがちですが(僕も思ってました)、北海道の道は広々としていて、運転していてストレスがなかったので雨天ではあったものの気持ちよく車を走らせることができました。

そして雨天の中運転すること1時間半。

ようやく見えてきましたよ。

ここで両親や妹、そして甥っ子もみんなテンションMAX状態。

そりゃーテンション上がります。

やっぱり外観からしておしゃれーな感じでした(大雨だけど・・)。

ということで、無事到着したのですが、早く着いたので、色々敷地内を見ようと思ったのですが、天候も雨でだったので、基本的には車内で少々時間を潰してリゾナーレにチェックインしました。

早く着いた場合は、一応チェックインできるかどうか聞いてみるといいと思います。早く着いてしまったのでリゾナーレ入り口まで車で行くと、「今お部屋の準備ができている場合はチェックイン可能なので聞いてみますね」という対応をされたので、早く着いた時は一応入り口まで行ってみるといいと思います。

星野リゾート「リゾナーレトマム」にチェックイン

無事星野リゾートリゾナーレに着き、最高のおもてなしを受けて、チェックインを済ませて部屋に向かいます。

肝心なスタッフさんの対応は常に笑顔でとても良い印象でしたよ!

ちなみに下記はリゾナーレの建物の中にあるbookcafeになります。

僕が今回予約した部屋のタイプや階は?

僕が今回両親の為に準備したお部屋は、星野リゾートリゾナーレの「デザインスイートファイブ」という15階のお部屋になります。

(おしゃれだわー)

星野リゾートリゾナーレトマムさんから公式の画像をお借りするとこんな感じのリビングです(この部屋全体で120㎡あるので予想以上に広いです)。

上記画像引用:星野リゾートトマム公式HP

当然これだけではなく、それ以外もかなり広くて、まずこちらのドアはサウナの入り口です(部屋にサウナ付き!)。

洗面所(超きれい)。

ジャグジー付きのバスがお部屋についてます。

こちらが寝室。

こちらも寝室(子供はかなり喜びますよ)。

15階なので部屋からの眺望も最高です。

本当は最上階がよかったのですが、この時5人の部屋はここしかなくてデザインスイートファイブになり、そのデザインスイートファイブという部屋が15階だったという感じで15階となっています(どうせなら本当はもっともっと高い階層の方が良かったというのが僕のわがままな本音^^;)。

窓から見える建物は星野リゾートのザ・タワーという宿泊施設になります。

僕の外出用サブPCの無印MacBookも周りの環境によってさらに映えまくって最高ですね。

さて、僕もこの気分がよくなる眺望の環境で一仕事やりますか。

って感じのタイミングの写真です^^;

夕食はどこで食べた?

そしていよいよ美味しいものを食べる為にお腹をみんなペコペコにした状態でついに夕食へ(ここが超絶楽しみですよね)。

夕食は何を食べるか、どこで食べるかに関しては、星野リゾートトマムの敷地内のレストランを任意で選ぶことができます。

ちなみにレストランは事前予約が必要なものと予約が要らないものがあります。ですが焦る必要はなく、当日お部屋にチェックインした後、フロントへ連絡するタイミングでも予約は可能です(混雑状況によるとは思いますが)。

今回僕は予約不要のところで夕食をとりました。

森のレストラン「ニニヌプリ」です。

最初の1枚目の画像は星野リゾート公式からお借りしている画像ですが、本当にこの通りで森の雰囲気を存分に楽しめる最高の開放感溢れるレストランでここを選んで正解でした。

ビュッフェレストランで料理も幅広くもどれを取ってもハズレがなかったと思います。

そして夕食の雰囲気はこんな感じでした。

森のレストラン「ニニヌプリ」の詳細は公式HPを参考に

森の中の開放感がすごかったです。

この時僕は、体作りも積極的に行っていて、普段は食事制限と運動、筋トレなどやっているのですが、この時だけはそんなの関係なくとにかく食べまくりました!

さらに食事中に森のレストラン「ニニヌプリ」のスタッフさんの粋な計らいでこんなメッセージ入りのデザートをいただきました。

実は僕の甥っ子はこのレストランに入ると同時に、「今までの中で一番美味しい!」というニュアンスでレストランのスタッフさんに言ってました笑

この年齢(小学生)で、すでにこんなことが言えるとは、僕よりは人付き合いがうまいと思います・・

その言葉を聞いたニニヌプリのスタッフさんにこんな特別デザートのプレゼントをもらって、これには甥っ子も大喜び!

しかし僕はここで実はちょっといやらしいですが「もしかしたらみんなにこれプレゼントしてるんちゃうん?」という思いが脳裏によぎりました。

しかし!

周りを見渡しても明らかにこの待遇を受けているのは僕たちだけでした!(この日、このタイミングだけだったのかもしれませんが・・)

本当にお客さん一人ひとりと向き合っているんだなと、僕も自分のビジネスに照らし合わせさらに気合いが入りました。

そんなプチサプライズもありながら、なんとさらに20時に花火が上がるという情報を聞き、しかも僕たちの部屋からなら綺麗に見れるということだったので、それまでにはお風呂も済ませたい!という流れで、大浴場「木林の湯」へ移動。

花火に関しては特別にその時上がっているだけではなく、毎日上がっているそうです(変更になってたらすいません)。とは言っても花火大会レベルの大きい花火で、時間はだいたい5分くらいだったと思います。

※下記画像は星野リゾートリゾナーレトマム公式HPからお借りしています。

大浴場の「木林の湯」は下記の室内ビーチと同じ敷地内にあるので、こちらへ専用の運転手さんに連れていってもらうことになり、ここで大浴場を満喫。

専用の運転手さんのサポートはザ・タワーではなく、リゾナーレに宿泊している人専用だと思います(毎回ルームキーを確認されます)。なのでできればトマム行くならリゾナーレに頑張って宿泊してみてください!

そしてちょうどの時間にお部屋に戻ってきて、部屋から花火を満喫。

花火といってもそんな大きなものではないだろうと予想していたのですが、実際はそうではなく、普通に花火大会で打ち上げられるレベルの大玉がバンバン上がってました笑

マジで驚き!

金かかってるなー。

ひと段落したところで、bookcafeにPCを持って移動。

母は本を読むのが好きなのでbuukcafeでコーヒー等飲みながらくつろいでもらい、甥っ子もそれについていってジュース飲んだり本をあさったり、妹のsummyはさすがの仕事師。

コンサル生へチャットの返信等のコンサルをしています(さすがや)。

ということでもちろん僕もやります笑

この時コンサル生が販売のプロモーションをやっていたので、メール等添削して返信。

それにしてもこのようなおしゃれな空間でMacBook広げて仕事できるなんて幸せの極みですね。

サラリーマンの時の地獄を思えば、本当にここは天国かよって心から思いますよ。

もし僕のようなライフスタイルを実現してみたい、もしくは実現に向けてチャレンジしてみたいと思う場合は、ぜひブログからスタートしてみてくださいね。第一歩はこちらからスタートしてみるといいですよ!

shinyaのような自由でわがままなライフスタイルを実現するために一緒に頑張ってみたい場合はこちらから

最高の雲海との出会い

僕が宿泊しているリゾナーレは、ザ・タワーの方に宿泊している人よりも早く専用バスが迎えに来てくれて、雲海を見れる場所を優先的に確保できるという待遇を受けることができます。

とは言っても、雲海が発生したらの話ですし、なんと朝リゾナーレメンバーを迎えにくるバスの時間は・・

朝4時台(確か朝4時20分とかそれくらいだったと思います)。

超朝早いですし、普通ならワンチャンこの時間起きている可能性もある時間帯なのでかなり不安で仕方なかったですが、何とかこの時間に全員間に合って起き、優先待遇を受けることができました。

さてさて、肝心な本日の雲海の状況は・・

うっしゃーー!!

しかもいい感じな雲海が発生しているみたいですが、よくわかっていないです。

とにかく奇跡的にかなり良い雲海みたいなので眠い目をこすりながらであっても心はワクワクしながらバスでゴンドラ乗り場まで移動し、いよいよゴンドラに乗ります。

さあ曇りだった雰囲気がどんどん明るくなってきてます!

 

景色やばー!

ん?

雲超えたな。

さあ雲の上へ。

やば。

最高の場所で記念撮影。

顔が寝起きすぎて死んでるわ笑
(逆光に助けられる)

雲海に種類があるの知ってた?

雲海自体に出会える確率は40%

その中でも太平洋産雲海(公式HPに乗るレベルの雲海)に出会えるのはトータル確率で13%だそうです。

ここに雲海の種類について解説がありました(ふむふむ)。

  • 「太平洋産雲海」ダイナミックな動きはトマムならでは
  • 「トマム産雲海」雲の上に突き出るホテルが印象的
  • 「悪天候型雲海」天気が悪い日こそ見られるチャンス

これらがあるみたいですが、今回見たのはかなり希少な太平洋産雲海。

もっと詳しくは公式HPこちらを参考に!

朝食はどこで食べた?

朝食も実は夕食と同じ場所の「ニニヌプリ」で食べました。

何故、またニニヌプリなのかと言いますと、雲海見終わってゴンドラで降りてきた時の時間(朝6時)が中途半端で一旦部屋に帰る為にバスに乗るのもしんどいし、このまま朝ごはん食べたかったので、朝食食べれるレストランを探してみたところ、朝6時から営業していて好みなところが、ニニヌプリしかなかった・・という理由です笑

でも夕食と朝食では全く違うと思いますし、夕食でかなり評価が高かったので朝食も期待していきました。

やっぱ朝も開放感あるし、スタッフさんの対応も良いー!

早速朝から海鮮丼を食らいます!

あと朝食時にある牛乳とカフェラテ。

本当に神が降臨したような味でした(乳製品好きにはたまりません)。

きっと牛乳がうますぎるのもあると思いますが、一度行かれた際にはここのホットのカフェラテを飲んでみてほしいと思います。

砂糖も一切いれずに、ちょうど良い甘さ(牛乳の甘さ)で何杯でも飲める不思議で中毒性があるホットカフェラテです(本当におすすめです)。

ニニヌプリでの朝食にある牛乳&カフェラテが美味すぎて忘れられない。

記事執筆途中経過:今この記事を書きながら写真をみて腹が減って死にそうです。

甥っ子も嬉しそうに朝食を食べてます。

ニニヌプリは夕食、朝食ともに本当に最高でした。

ぜひ星野リゾートトマムに行かれた際にレストラン迷った時は、ニニヌプリを選んでみてください。

ビュッフェ形式なので多分いろんな人に対応できると思いますし、さらに僕の感覚値ですがハズレなかったです。

さてお腹もいっぱいになったところで、一回部屋に帰ってチェックアウトまで少し寝ます笑

朝4時に起きてるから眠いのです。。

そして準備をして部屋からの景色もここで見納めていよいよチェックアウトです。

景色を改めて写真でみると、何か実写ではなく絵の世界みたいですね。

ということでさらばトマムということで、楽しい北海道の星野リゾートリゾナーレの旅も終わりです。

相変わらず僕が運転してますが、結構眠いです笑

そして行きとは違い帰りは天気がよくさらに気持ち良くドライブを快適に楽しむことができました。

星野リゾートトマム(リゾナーレ)総評まとめ

さて、一つの記事としてはそこそこの長さになってしまいましたが、一周回って評価を言うと、星野リゾートリゾナーレトマムは満足度が高かったです!

最初に言った通り、やはり最高の雲海が見れたというのは高評価の大きな対象になっていることは間違いありませんが、それ以外でも食事の美味しさもそうですし、スタッフさんの対応の良さなども考慮すると非常に良いと思いました。

ただやはり敷地内を移動することが必要になるので、ちょっとあそこ行ってみようと思っても「ちょっとめんどくさいな」って思ってしまうこともしばしばありました笑

そしてうちは父親がパーキンソン病で体が不自由なので、あまり動けなかったというのもありますが、それでもこの満足度は良いのではないかと思っています。

なのでいろんな施設をのんびりゆっくり堪能したいという場合は、普通の旅館などの方が良いとは思いますが、星野リゾートを体験してみたいと思われる場合は、トマムは行ってて損はないと思います。

今回僕は平日に全員連れていくことができましたが、やはり平日とはいえ、中国人の方を含めて外人の人も比較的多く来られていたなと感じました。

なので休日だともっと人も多い可能性があるので、できる限り平日行くことがおすすめです。

自由でわがままなライフスタイルを目指したい人へ

「平日行くことがおすすめです」

とは言っても普通はそうもいかないですよねすいません笑

もし僕のような自由でわがままな平日自由に動けるライフスタイルを目指して、嫌な人間関係、そして会社の上司等とサヨナラした世界で生きて行きたい、もしくはそこを目指してみたいと思われる場合は、僕と一緒にまず第一歩としてブログを開始して、PC1台でいつでもどこでも仕事ができる状態を作るように進めていきましょう。

その一歩はこちらから踏み出すことができますし、今ですと僕がブログで稼ぐための教科書(動画80本セット)とメール講座を期間限定で無料でお配りしているので興味があれば今の内に手にとってみていただき、自由なライフスタイル実現へ向けての一歩を歩を踏み出してみてください。

自由なライフスタイルへの第一歩を踏み出してチャレンジしてみる人は下記のバナーをクリックしてブログの教科書(動画80本セット)とメール講座を受けとってチャレンジしてみてくださいね。

【当サイト訪問者様へ今なら初心者用アフィリエイト教科書を無料プレゼント中!】

入手される場合は下記をバナーをクリック!※ダウンロード者数5000名突破! コンテンツバナー



owner : shinya
- webマーケティングコンサルタント、メンタルアドバイザー


サラリーマン時代、上司との人間関係に嫌気がさし、転職を繰り返し、誰からも干渉されずに生きていく方法としてインターネットビジネスを選択。

Googleアドセンス広告をキャッシュポイントとしたWEBサイト運営から開始し、月間100万PVレベルのサイトを構築しながらSEOを実践的に学び、そこからは指導者としてブログアクセスアップ(SEO)やWEBマーケティング等を個別コンサルティングやオンラインビジネスコミュニティを通じて指導することをメインに活動。

・2014年11月 副業でアフィリエイト開始
・2015年03月 月収25万円突破時に脱サラ
・2015年04月 情報発信ビジネス開始
・2015年11月 月収200万円達成(プロモーション)
・2016年03月 月収100万円達成(自動化)
・2016年03月 e-book大賞優秀賞受賞
・2016年12月 月収1500万円達成(プロモーション)
・2017年05月 月収200万円達成(自動化)
・2017年09月 月収400万円達成(自動化)
・2017年12月 月収3200万円達成(プロモーション)
・2018年12月 月収4200万円達成(プロモーション)

過去の営業研修系のトレーニングアシスタントの経験を活かし、コンサルティングに+αの価値として自身が最も得意とする「個の能力を最大限引き出すコンサルティング」で多くのクライアントをパラダイムシフトさせ、実績者を量産。

とにかく誰からも干渉されないライフスタイルにこだわり、一度キリの人生、我慢だらけでは楽しくない!欲しいものは欲しいと素直に言えるような「わがままに生きるスタイル」を強く提唱しながらコンサルティングに励む。

現在はサラリーマン、事業主から主婦まで幅広くコンサルし、PC1台だけで稼がせることに成功。

ドラム好き、歌うの好き、焼肉好き、からのそこそこ出不精。しかし、旅行したい時はしたい時はしたいし、眠たい時は寝る。

「人に迷惑をかけないわがままライフ」を送る毎日。

【当サイト訪問者様へ今なら初心者用アフィリエイト教科書を無料プレゼント中!】

入手される場合は下記をバナーをクリック!※ダウンロード者数5000名突破! コンテンツバナー