見て触れて感じて、わがままに生きる。
会社の嫌な人間関係からサヨナラし、毎日目覚まし時計いらずのわがまま生活を手に入れる第一歩をメール講座にて配信中!まずは焦らず10万円からスタート。それをキッカケにわがままに生きるライフスタイルで「見たことない景色」をみよう。
マインドセット

言い訳しない自分のつくり方【忙しいを捨てる】

こんにちはshinyaです!

 

今回は成果に差を生み出すマインドで、

言い訳しない自分のつくり方(忙しいを捨てる)

ということについてお話していきます。

 

まずは動画講義をご覧下さい。

 

成果に差を生み出すマインド(忙しいを捨てる)【動画】

 

 

言い訳しない自分のつくり方

 

本来、「忙しい」という言葉は自分で言うものではありません。

 

他人からみて判断されることです。

 

自分で言う「忙しい」の意味は、

 

「忙しい=めんどくさい」

 

なのです。

 

例えば、あなたが、友達に

「来週の土曜日くらいに遊びいこう!」

と言ったとき、返答が、

 

「最近忙しいからまた落ち着いたら行こう」

 

であったなら、

 

訳すと、

 

「すぐに行くのは、めんどくさいから自分が行く気になったら行こう」

 

とあなたに言っているのです笑

 

よく考えてみてください。

きっと自分もそのような状況であれば、

同じようなことを言っています。

 

様々な場面で、僕たちは「忙しい」という

言葉を口癖のように使っています。

 

言い訳の代表的な言葉です。

この言葉を使って、何をするにしても、

できない理由を並べていると、

 

全く状況は変わりませんし、

自分が飛躍することもありません。

 

言い訳が辛うじて通じているのは、

サラリーマンです。

 

言い訳=保身(正当化)です。

 

サラリーマンは会社内での地位を維持するため、

減給されない為に、ある時には、言い訳を

必死で考えます。

 

このように、世の中サラリーマン(労働者)が

大半を占めるこの国において、ほとんどの人が

言い訳癖がついています。

 

しかしネットビジネスなどの独立して自分の力で

生きていく世界においては、この言い訳は、

全く意味を成しません。

 

言い訳ばかりで何もしない状況が続けば続くほど、

成果も全く上がりません。

 

なので、脱サラを考えている人なんかは、

まず言い訳癖を直す必要があります。

 

そこで!

 

今回紹介する、忙しいという人の心理をしっかり

知ることによって、忙しいという言葉に敏感になるはずです。

 

そして、自分も忙しいなんて言わなくなりますし、

これは言い訳だって意識するようになります。

 

そうすることによって、

 

  • 時間がないからできない
  • お金がないからできない

 

などの言い訳もなくなってきますので、

まず「忙しい」という言葉を捨てる

ことをおすすめします。

 

しばらく経つと、

「時間がないからできない」

 

と言っている人に、

 

「時間がないのならつくれば良い」

 

なんてことを発しているかもしれません。

 

「忙しい=めんどくさい」

 

を常に意識してみてください。

【当サイト訪問者様へ今なら初心者用アフィリエイト教科書を無料プレゼント中!】

入手される場合は下記をバナーをクリック!※ダウンロード者数4500名突破! コンテンツバナー

RELATED POST