見て触れて感じて、わがままに生きる。
会社の嫌な人間関係からサヨナラし、毎日目覚まし時計いらずのわがまま生活を手に入れる第一歩をメール講座にて配信中!まずは焦らず10万円からスタート。それをキッカケにわがままに生きるライフスタイルで「見たことない景色」をみよう。
社畜

日曜日の午後が憂鬱になる理由とその克服方法

どうも元社畜のshinyaです。

サラリーマンやOLが追い求める休み。

日曜日のことについてです。

日曜日は休みだから好き。

でも日曜日になるとその大好きだった日曜日が嫌いになる。

その本質はまだ実際に訪れていない未来の数日後の日曜日が好きということになります。

そのことから実際に日曜日になると、時間の流れをこれほど恨んだことはないというくらい日曜日の午後というのはサラリーマンやOLにとって憂鬱になる時間帯です。

僕も元社畜サラリーマンだったので、この気持ちがよくわかります。

サザエさん症候群なんて言葉もかなり有名になってネット上で検索すればたくさん出てきます。

ただ日曜日が憂鬱になる理由によっては憂鬱度合が違います。

今回は冷静にそこも考察していきたいと思います。

サラリーマン、OLが日曜日に憂鬱になる理由

utuotoko
  • 次の日の月曜日からまた長い地獄勤務が開始することをイメージする
  • 仕事場の人間関係がうまくいっていない
  • その仕事自体が嫌でしかたない

主にこれらがあげられると思います。

ただこれらの理由であっても実は憂鬱度が違います。

日曜日が憂鬱になる理由から憂鬱度合をみて見る

僕的な憂鬱度の順位はこうなります。上から憂鬱度が高いです。

  1. 仕事場の人間関係がうまくいっていない
  2. 仕事自体が嫌でしかたない
  3. 次の日の月曜日からまた長い地獄勤務が開始することをイメージする

1.仕事場の人間関係がうまくいっていない

まずサラリーマンとしてOLとして、仕事をするのが嫌になる最も多い原因として職場の人間関係があります。

  • 同僚とうまくいかない。
  • 上司が最低なやつだ。
  • 経営者がありえないくらい暴君だ。

などなど。

こうなると、いかに嫌いではない仕事でこれなら頑張って続けられる!と思っていても仕事がやりにくくて本当にキツイです。

僕自身はこのタイプでした。

下記を見てもらえばわかります↓↓

あわせて読みたい
そもそもこいつ誰? いきなり重ためな言葉をかましてしまいましたが、 はじめまして。 shinyaです。 僕は、単刀...

これがあると仕事が忙しすぎたりトラブルを抱えたりなどそういう次元ではないのです。

そもそもその人間がいるだけで仕事自体を普通の精神状態で行うことができなくなります。

僕がよくいうクラッシャー上司やクラッシャー経営者などがそうです。

あわせて読みたい
自分の上司はもしかしてクラッシャー上司?クラッシャー上司の特徴こんにちはshinyaです。 サラリーマンの方でしたら、今回のお題であるクラッシャー上司と言われる人に出会っている可能性は大きいか...

仕事がある程度辛くても、一緒に助けあいながらやれば、全く精神状態も違います。

ただ「これは本当にきつい。」

この状態にあるのであれば、あなたの能力を確実に潰されています。

会社組織というのは、冷静にみてください。

人の集まりなのです。

その核となる人同志がうまくいっていないのであればその会社は絶対に伸びていくことはありません。

ホリエモンなんかにこのようなことを言えば、真っ先に「そんな会社僕だったら辞めますね。起業すればいいじゃん。」って言われると思います。

実際に言ってますしね(笑)

ただなかなかそういうわけにもいかないので苦しむわけですよね。

2.仕事自体が嫌でしかたない

仕事自体が嫌でしかたなくて、日曜日に月曜日からのことを考えて憂鬱になる人もいると思います。

まず最初に考えて欲しいのは、仕事自体が嫌だという人はなぜその仕事を選んだのかということです。

自分で選択をし、会社の面接なりを通過してその会社に入っている思います。

仕事自体が嫌でもその職場にいる人はとても優しくて居心地が良いという人もいます。

このタイプは何とか仕事と割り切れる人であれば一時的ですが、少しは耐えれるのかなと思います。

人間関係が良いのであれば、その不満を共有することができる仲間がいますから、人間関係がうまくいっていない人よりは精神状態は良いです。

3.次の日の月曜日からまた長い地獄勤務が開始することをイメージする

これは、労働者である限りは人間なら思うことです。

なので、このように思っている人は、なぜこのように思うのかというところを深堀して考えてみましょう。

つまり、上記の1の人間関係がうまくいってなくてそのように考えてるのか。

それとも仕事自体が嫌で嫌でしかたなくそう思っているのか。

それとも、ただ単にこの休みが幸せすぎて一時的に憂鬱になっている状態なのか。

もう少し掘り下げてみてください。

日曜日の午後が憂鬱を克服する方法

utuonna

まずは先述した通りどういった理由で日曜日に憂鬱になっているのかということを明らかにしないといけません。

問題を克服するためにはまずそもそも問題は何かということを知らないと話になりませんから。

ネット上で調べてみるとこういう人もいるようです。

日曜日に好きなドラマなどテレビを観て少し明るい気持ちになったら、明日会社いけるかも!という気持ちになったということです。

日曜日の午後になる度にこのようなその場しのぎの克服方法をしている人沢山いますよね。

もう少し本質をみて見ましょう。

そういう人たち(以前の僕も含む)は、その仕事以外に夢中になって一生懸命努力してやっていることが無いのです。

今の仕事=自分の人生

人生の大半は仕事に時間を費やして一生を終えるのが人間(労働者)です。

そんな自分の一生を捧げる仕事なのに、何のためにやっているのかわからないような仕事をしているから日曜日が憂鬱になったりするのです。

つまり、

その仕事以外のこと(日)が全く充実していない

ということが言えます。

日曜日の午後が憂鬱になるような仕事をあなたの人生の中心軸に置かないようにすることが根本から克服する方法です。

何か目的があって、将来はこれをするために、今の仕事をしているといった人は、日曜日が憂鬱だとかそんな発想が出てきません。

そういう人は大体、会社が休みの日の時間は何に費やすがということが決まっています。

ただ単に休みだー!明日から仕事だ⤵・・

みたいに生活をしている人は、日曜日の憂鬱を根本から克服することはできません。

今の仕事をなぜやっているのかということをしっかり考えるようにしましょう。

曜日を意識しなくても良い人間関係で悩まされない世界へ

僕は現在WEBサイト、ブログを作り、自分のメディアを運営して収益を得たりすることをコンサルタント業を行っていますが、クライアントさんで社畜労働者の人もいます。

ただ僕のクライアントさんは、

人生の本軸をそのサラリーマンの仕事に置いていません。

まずネットビジネス、アフィリエイトで独立して人間関係ストレスが全く0の自由な生活をするということが基本軸です。

そして、まだ独立するくらいまでの月収には届いていないので、独立するまでの生活費用やビジネスの資金などの為にサラリーマンをやっています。

現在の仕事を何のためにやっているの?

と聞いて、「生きていく為にお金が必要だからお金の為です」とか漠然としたこんな理由しか出てこないのであれば、一生日曜日の憂鬱からは抜けれないでしょう。

このように、今の仕事で日曜日になると憂鬱になる人は、今の仕事自体を自分の生活の中心になっている傾向が多いのでまず今の仕事以外で熱中できるものを探しましょう。

PC1つで週4時間だけ働くハイパーボヘミアンという新しい生き方も面白いのでこういう生き方を知るだけでも世界が広がりますよ。

すごく魅力的で自由な働き方ですのでぜひ下記の記事をご覧になってみてください。

あわせて読みたい
ハイパーボヘミアンという徹底的に自由を求めた生き方となり方どうもshinyaです。 週4時間だけ働くというハイパーボヘミアンという言葉を聞いたことがあるでしょうか。 パッと聞いた感じ...

【当サイト訪問者様へ今なら初心者用アフィリエイト教科書を無料プレゼント中!】

入手される場合は下記をバナーをクリック!※ダウンロード者数4500名突破! コンテンツバナー